読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chatting Kitchen

さまようOL生活

「丹念に素材と向き合う」はずだった、かぶら炊き

日本料理 ホルトハウス

ホルトハウス房子「日本のごはん、私のごはん」から

「丸梅さんから聞いたこと」かぶら炊き

かぶを一ついただくために、こんなにも手間暇をかけるなんて。

かつおのだし汁で少々煮込み、1日そのままにして味をしみこませ、最後に花がつおのだし汁でまた煮込む。二日がかりの工程です。

 

レシピでは天王寺蕪を使用していますが、一般的なスーパーに普段から販売している小ぶりのかぶを使用しました。

 

美しく見せるために面取りをしたり、鰹節で二段階で煮たり...なんて贅沢なんでしょう。出来上がりがとっても楽しみです。

と、思っていましたが、「1日そのままにして味をしみこませる」時に火を消し忘れてしまった!三時間後に、ふかふかに柔らかくなってしまったかぶを発見。

 

かぶら炊きづくりは半分の工程で頓挫しました。

 

でも、「半」かぶら炊きは、おいしいお雑煮に変身。

また今度リベンジします。